M&Aについて教えてくれる人は誰?

M&Aとはどういうものなのか

M&Aとは、英語の頭文字で、Margers & Acquisitiionsの略です。直訳すると、合併と買収になります。
意味合いとしては、企業買収のことで、2つ以上の会社が1つになったりする合併や、ある会社が他の会社を買ったりする買収を意味します。
M&Aが行われる目的としては、事業の拡大・縮小のためが基本になります。
近年は、大企業のみならず、中小企業同士でのM&Aが活発に行われています。

M&Aの手法としては、経営権の移転として、合併や株式譲渡・株式譲受、事業譲渡・事業譲受の方法があります。
また、経営権を移転しないまでも、資本提携や業務提携といった協力に関しても、広義のM&Aに当てはまります。

M&Aの目的に関しては、譲渡側は、事業承継対策や創業者利益の追求、事業の選択と集中、企業再生等があります。
一方で、譲受側は、既存事業の拡大、新規事業の獲得、人材や技術の獲得といったメリットがあります。

M&Aの学び方と投資基準

近年は、経営者の高齢化や後継者不在や、M&Aが知れ渡ったことによるイメージ向上、法律改正、環境変化のスピード向上といった事から、M%Aの件数は年々上昇しています。
そのような流れを反映して、M&Aセミナーが多数、開催されています。

M&A・事業承継等に興味のある、経営者の方々向けのセミナーは、参加費無料で開催されています。
自分の会社は売れるのか、ベストな相手は見つかるのか、そのような質問に答える形式のセミナーもあります。
また、後継者不在・業界再編・成長戦略といった時代背景から、マクロに説明していくセミナーも開催されています。
ご自分に合ったセミナーに参加する事で、効率的に情報収集ができます。

最後に、M&Aの投資基準としましては、単独で経営するよりも統合した方が業績が上がるか、この点がポイントになります。
シナジー効果があるかどうかが、投資判断の基準になるわけです。

© Copyright M&A Services. All Rights Reserved.