M&Aって何ですか?

M&Aにはどういった方法があるの?

ニュースなどでよく耳にするM&Aですが、英語が起源の合併と買収を表す経営上の専門用語です。企業がそれぞれの強みを生かすのが主な目的で、資本の移動が伴う方法とそうでない方法があります。資本が移動する場合の手続きは会社法に基づいて行われ、既に存在する企業が他の企業を傘下に置く吸収型や、新たに設立する会社の傘下に置く新設型があります。こうした手続きは吸収する企業にとっても吸収される企業にとっても重大な問題なので、株主総会で決める必要があります。仮に可決されても株主の意向と企業で働く社員の考えが異なれば、敵対的合併になることもあります。これは法的手続きを踏んだために解消しにくいデメリットといえ、その対策として資本上の協力ではなく、技術の共同開発や工場生産や販売の協力という形もあります。

M&Aを適切に行うタイミング

M&Aを考えるタイミングとして、同じ種類の事業を展開する企業との競合を避け、統合により販路を拡大することが考えられます。この手法は、大企業がダイナミックに経営の転換を図る場合に有効でしょう。例えば銀行などは、しばしば合併により預貯金率や資本を強化し競争を勝ち抜いています。一方中小企業にとっては後継者不足などの要因で、他社に事業を譲る場合があります。株主や債権者、社員がいる以上、創業者が退任すると同時に廃業することは困難です。強みを最大限にアピールして譲渡先を探す手順を踏みます。
企業にとって何度も分割や統合を繰り返すことは稀で、それでいて経営に重大な影響を及ぼすM&Aですので、知識の面で不安な場合はM&Aに関するセミナーなどを利用すると良いでしょう。M&Aを専門に扱っている企業もあり、適切なアドバイスがもらえます。

© Copyright M&A Services. All Rights Reserved.