M&Aの仕組みについて知りたい

M&Aというのは会社の買収や合併のこと

M&Aというのは、会社と会社が一つになることを指します。一つになる方法としては、主に二種類あります。買収して傘下に収める方法が一つ、そしてもう一つが合併をする方法です。合併はさらに、吸収合併と新設合併とに分けられます。吸収合併はその名の通り、片方が片方に吸収されて一つになることを指します。多くの場合で、大きな会社に小さな会社が吸収をされていきます。また、新設合併というのは、お互いに出資をし合って新しい会社として再出発することを指しています。様々な方法があって、どの方法を採用するかでその後のことも決まってきます。たとえば、吸収合併なら前の会社の存在は跡形もなく消えてしまうことがあります。単なる買収ならその会社や社員はそのまま残れる可能性が高くなります。

具体的にどうやってM&Aをするのか

株式会社の場合は、株の取得によってM&Aが成立することが多いです。株には、議決権というものが設定されています。発行されている株式の過半数を取得すれば、取締役の選任などを自由にコントロールすることができるようになります。つまり、株式を過半数取得した時点で、企業の買収は実質的に済んだと見ることができるわけです。過半数でなくても、三分の二でもかなりのコントロールができるようになりますから、その時点で買収が済んだと考える人もいます。三分の一なら、拒否権しか発動できませんから買収は完全なものにはなりませんが、それでも一定の効果はあります。また、単純に事業譲渡という形で、会社の一部が他の会社のものになることもあります。

© Copyright M&A Services. All Rights Reserved.